Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit Series

Totally supports for your life science research

チロシナーゼ(EC1.14.18.1)は細菌から植物、昆虫、動物まで幅広い生物種に存在し、メラニン色素合成における主要代謝酵素です。メラニン色素は脊椎動物では主に皮膚や毛組織の色素細胞(メラノサイト)で合成され紫外線から細胞を保護します。しかし過度な紫外線や物理的ストレスによりメラニン産生が過剰となると皮膚に沈着しシミの原因となります。一方、食用植物において傷や長期保存などによりチロシナーゼがメラニン合成を促進し変色(褐変)の原因となります。従ってチロシナーゼ活性を阻害する物質は美白効果や褐変抑制効果をもたらし、促進する物質は白髪を抑制する効果をもたらします。

 メラニン合成過程においてチロシナーゼは主に2つの反応を触媒します(図1)。L-チロシンなどのモノフェノールをL-ドーパキノンにようなキノンへ酸化触媒します(モノフェノラーゼ活性)。もう一方はL-DOPAなどのジフェノールをキノンへ酸化触媒します(ジフェノラーゼ活性)。薬剤に対する感受性は両活性で大きく異なります。一般的なチロシナーゼ 酵素活性は試薬調製の容易なL-DOPAを基質として測定されることが多く、難溶性のL-チロシンを基質とした測定は不安定で困難でありました。本キットはマッシュルーム、マウス、ヒト由来チロシナーゼを用いてL-チロシンもしくはL-DOPAを基質として反応したときのモノフェノラーゼおよびジフェノラーゼ活性を安定的に検証することができます。

本キットの特長

  • ヒト、マウス、マッシュルーム由来チロシナーゼ にて検証可能
  • L-チロシンおよびL-DOPAを基質としたチロシナーゼ 酵素活性を検証可能

操作方法

  • Step 1 プレートウェルに20μLのSampleを添加
  • Step 2 各ウェルに20μLのEnzyme solutionを添加し、10分間反応
  • Step 3 各ウェルに60μLのSubstrate solutionを添加し、30℃で酵素反応開始
  • Step 4 反応開始後30分および60分後の各ウェルの吸光度(495nm)を測定 ※SL7020, SL7030は5時間反応

所要時間

約1.5時間(SL-7020, SL-7030は約6時間)

使用例1

各酵素、各基質を用いたコウジ酸の阻害効果 コントロール(無処理)、 0.0032、0.016、0.08、0.4、2、10 mM コウジ酸存在下での発色を示す。

使用例2

本キットを用いた代表的美白剤および褐変抑制剤の50%阻害値(IC50: μM)

キット内容(SL-7010)

  • Assay buffer
  • Enzyme
  • Substrate
  • Enhancer
  • Inhibitor control
  • 96 well plate

キット以外に必要なもの

  • マイクロプレートリーダー(480nm-510nmフィルター:推奨495nm)
  • インキュベーター(25℃-30℃)
  • マルチチャンネルピペット(2μL-200μL)

製品

  • Mushroom Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Monophenolase activity) (Cat.No.SL-7010)
  • Mushroom Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Diphenolase activity)(Cat.No.SL-7011)
  • Mouse Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Monophenolase activity)(Cat.No.SL-7020)
  • Mouse Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Diphenolase activity)(Cat.No.SL-7021)
  • Human Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Monophenolase activity)(Cat.No.SL-7030)
  • Human Tyrosinase Inhibitor Screening Assay Kit (Diphenolase activity)(Cat.No.SL-7031)

お求め先